PTSD、解離(解離性同一性障害)治療、ストレス、トラウマ・セラピー、うつ病、うつ状態、自己否定、不安、不登校の心理療法、人間関係のカウンセリング・ご家族の相談
CS カウンセリング 東京 港区のカウンセリング PTSD治療・解離治療・トラウマ治療のカウンセリング・セラピー 統合心理療法 ロゴ

 PTSD 心的外傷後ストレス障害の理解と対応


(2)神経科学/身体志向心理療法

神経科学/身体心理療法(ソマティック)により、オーソドックスなカウンセリングに比べて、
短期間での着実な回復が可能です。
 


身体心理学、心身心理学は、心身関係を重視する心理学/心理療法の総称です。
英語では、ソマティック・セラピー、欧州ではボディ・サイコセラピーと呼ばれる臨床的アプローチの名前です。

身体心理学/療法は、日本では未だ十分に紹介されていないものです。
また、実施している施設、セラピストも少ないのが現状ですが、

2000年以降、脳科学、神経科学、行動神経科学などの飛躍的な発展と連携して、
アメリカを中心として脳科学との融合化、心と身体の統合的な療法が発展しています。


その中でも研究が進んでいる分野が、ソマティック系の心理療法、ボディー・ワーク、PTSD トラウマ・セラピー治療です。

主な身体心理療法としては、ハコミ・メソッド、バイオエナジェティックス、バイオシンセシス、ソマティック・エクスペリエンシング、センサリーモーターセラピー、IEMT、RTM などがあります。
 

学説としては、特に行動神経科学を標榜するスティーブン・ポージェス(イリノイ大学精神医学科、同大学 [脳ー身体センター] 所長)教授の「ポリヴェーガル理論」(Polyvagal Theory:多重迷走神経論 1922 - 2011年)が、臨床の場で有力な理論的支持を得ています。2019年には、翻訳の解説書が出るようです。

 

 
 



私は、様々なトレーニングを受けた上で、IETM、RTMとBCTという手法を使うことが多いのですが、上に挙げました身体心理療法の名前を検索してみると、お住いの近くでソマティックなアプローチが見つかるかもしれません。

 
他にも、心的抑圧・緊張の身体症状(身体的緊張)に生理的・言語的な働きかけを行うもの。関連するものでは、ゲシュタルト・セラピー、フォーカシングも身体感覚に注目するアプローチです。また、EMDR (eye movement desensitization and reprocessing) も言葉と眼球の動きを使う手法で、トラウマ療法として評価の高い身体的な手法です。

発達心理学のアタッチメント・セオリー(ボウルヴィー)も性格(構造)分析と共に身体的心理学の基礎の一つになります。他にも出産過程で生じるトラウマ生成の説明(S.グロフ BPM仮説)バース・トラウマ、周産期心理学などがあります。



身体心理学、心身心理学は、アメリカを中心として、心理カウンセラー、セラピストだけでなく、脳神経学者、精神医療の分野でも注目されています。臨床心理の分野で大きな転換期が進行しているところです。


たとえば、PTSD/トラウマ研究の第一人者バンダーコーク教授(ボストン大学)もEMDRやSE、SPなどソマティック・アプローチが非常に有効であることを実証しています。「精神(心理)療法とは、実のところ生理学であることが明らかになった」T.ルイス準教授(カリフォルニア大学)という先生もいます。

日本では、サイコロジーの最初の訳(明治時代)は「性理」。個人的に「心理学」(西周 訳)はどうかな?と思っています。

身体的心理療法と脳科学、神経科学との融合が日々進められています。特に身体症状を伴うPTSD、トラウマ反応、恐怖、自己批判・自己否定など、オーソドックスなカウンセリング、心理療法に比べ、短期間で着実に効果・成果が出ます。

これからも広くは脳神経科学(脳科学)、神経科学、免疫系統の研究から多くの理論・手法・技法が展開していくと思われます。


ソマティックス(身体学)とソマティック・サイコロジー(身体心理学)の違いは、前者は主に身体へのアプローチにより、直接的には心理的ワークをしない。副次的にはしているとおもいます。後者は、主に心理療法、身体・情動 (感情と身体反応)をアクセスとして、通常、身体接触が無いという違いになります。

 

 
 こちらのも少し書いています。
 
● CSCT ブログ
http://wp.me/P20Awe-mz

 
● facebook ページ CS カウンセリング 東京
https://www.facebook.com/csct.info/posts/586589948102329?stream_ref=10

 
■ 参考資料「PTSDにおける脳科学研究の臨床への考察」
  ベッセル・A・ヴァン・デ・コーク医学博士 2006