カウンセリング 心理療法のCSカウンセリング 東京 東京都 港区 南麻布 心理学 心理療法 講座 セミナー トラウマ PTSD 治療 脳科学 脳神経額生理学 カウンセリング セラピー

プライバシー・ポリシー

  
個人情報保護方針
 
弊社では、お客様の個人情報を保護するために細心の注意を払っています。
本プライバシーポリシーの内容をご理解ください。
 
 
個人情報とは
 
「個人情報」と、生存する個人に関する情報であり、その情報に含まれる氏名、生年月日、Eメールアドレスその他の記述、画像若しくは音声又は個人別に付与された番号、記号その他の符号によりその個人を識別できるものをいいます。また、「保有個人データ」とは、個人情報保護法に定める保有個人データをいいます。
 
 
個人情報の収集方法
 
弊社では、ご利用いただく際に、氏名、生年月日、Eメールアドレス等の個人情報を収集させていただく場合があります。
これらの情報は、すべて下記収集目的に従って、適法かつ公正な手段により収集されます。
 
 
個人情報を収集・利用する目的
 
弊社が個人情報を収集または利用する目的は以下のとおりです。
 
(1)メールマガジンとニュースレターの送信
(2)案内状または業務に関する情報を提供するため
(3)業務の開発・改善を目的とした調査・検討を行うため
(4)業務に関する統計的資料を作成するため
(5)その他弊社の業務方針の改善を目的とした調査・検討を行うため
(6)個人の特定ができない情報に加工しての分析と抽出
(7)お客様からの問い合わせへの回答や連絡を行うため
(8)お客様にとって有益であると弊社が判断した情報を提供するため
 
 
個人情報保護方針
 
個人情報の第三者への開示について
 
お預かりしました氏名・住所・生年月日・性別・電話番号・FAX番号・勤務先名・肩書き・職業・診断書・面接記録証明書は、ご本人の同意なしに、第三者に開示する事は、以下1.~6.の場合を除いて一切ありません。
 
1.法令により情報の提供、開示が求められた場合
2.ご本人もしくは第三者の生命、身体又は財産の保護の為に開示の必要があると弊社が判断した場合
3.国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力すること
その他公共の利益のために特に必要があると弊社が判断した場合
4.お客様または弊社の権利の確保のために必要であると弊社が判断した場合
5.業務遂行に必要な限度で個人情報の取扱いを委託する場合
6.ご相談者の平均年齢や平均利用回数など、個人の特定ができない情報に加工しての分析と抽出を委託する場合
 
 
保有個人データの開示等
 
お客様は、弊社所定の手続により、以下の請求を行うことができます。
 
1.弊社の保有個人データが誤った情報でないことを確認すること
(保有個人データの開示)
2.弊社の保有個人データの利用目的の通知
(保有個人データの利用目的の通知)
3.弊社保有個人データが誤った情報である場合に、それを追加、訂正、削除すること
(保有個人データの追加、訂正、削除)
 
 
これらの請求を行いたい場合には、下記の通り対応させていただきます。
 
1.「開示等の求め」の申し出先
 
下記宛、必要事項を書面にて、簡易書留で郵送をお願い申し上げます。
 
106-0047 東京都港区南麻布3-18-3 アトレ麻布301
CSカウンセリング東京
 
2.添付書類
 
「開示等の求め」を行う場合は、次の書類を同封しご郵送ください。
ご本人確認のための書類
運転免許証、健康保険証又はパスポートのいずれかのコピー 1 点
 

代理人による「開示等の求め」
「開示等の求め」をする者が代理人である場合は、前項の書類に加えて、
下記の書類(A、B 又は C)を同封ください。
 
A.親権者、未成年後見人の場合
戸籍謄本
 
B.補助人、保佐人、成年後見人、任意後見人の場合
後見登記事項証明書 1通
 
C.委任による代理人の場合
委任状 1通(実印によるもの)
ご本人の印鑑証明書 1通
 
 
「開示等の求め」に対する回答方法
 
申請者の申請書記載住所宛に書面によってご回答申し上げます。
 
開示等の求めにともない取得した個人情報は、開示等の求めに必要な範囲でのみ取り扱うものとします。
提出いただいた書類は、開示等の求めに対する回答が終了した後、2年間保存し、その後廃棄させていただきます。
提出いただいた書類はお返しできません。
 
 
保有個人データの不開示事由について
 
次に定める場合は、不開示とさせていただきます。不開示を決定した場合は、その旨、理由を付記して通知申し上げます。
 
1.申請書に記載されている住所・ご本人確認のための書類に記載されている住所・弊社の登録住所が一致しないときなど
ご本人が確認できない場合
2.代理人による申請に際して、代理権が確認できない場合
3.所定の申請書類に不備があった場合
4.開示の求めの対象が保有個人データに該当しない場合
5.ご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
6.弊社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
7.他の法令に違反することとなる場合
 
 
個人情報の安全性
 
弊社では、個人情報の不当なアクセスによる紛失、破壊、改ざん、漏洩などのリスクに関して、合理的かつ厳正な安全対策を講じておりますが、以下の事由など弊社の責に帰すべからざる事由を原因とする個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩などに関しては、弊社では責任を負いかねます。
 
1.誰もがアクセスできる形態でインターネット上に個人情報を開示した場合
2.弊社以外のウェブサイトにおいて個人情報を開示した場合
3.お客様の利用した端末から個人情報が漏れた場合
4.各種申込フォームにお客様が入力されたメールアドレスが間違っている場合
5.各種申し込みフォームに入力された情報は、ブラウザ上で申し込み完了の動作まで、
その情報がフォーム上に表示されることがあります。
ブラウザを閉じずにそのまま離席するなどして他人に見られた場合
 
 
著作権
 
本サイト上で公開している情報は、特別に許可されている場合を除き、事前に書面による許可を受けずに、本サイトの一部または全部を配布または複製することは、その手段または形態に関係なく一切禁じられています。