PTSD、解離(解離性同一性障害)治療、ストレス、トラウマ・セラピー、うつ病、うつ状態、自己否定、不安、不登校の心理療法、人間関係のカウンセリング・ご家族の相談
CS カウンセリング 東京 港区のカウンセリング PTSD治療・解離治療・トラウマ治療のカウンセリング・セラピー 統合心理療法 ロゴ

 PTSD 心的外傷後ストレス障害の理解と対応


(4)PTSD・トラウマ・解離治療の心理療法 アプローチの視点と「鍵」
[ 改定中 ]

PTSD ・トラウマ・解離治療 心理療法の視点と「鍵」
[ 改定中 ]

■ PTSD, PTSR, C-PTSDは、着実に回復します。2000年以降、脳科学、神経科学、行動神経科学の研究成果に伴って従来の心理療法の枠組みを超えて、心身相関関係を重視するアプローチが飛躍的に進歩しています。特に神経科学/行動神経科学で解明されてきたストレス、記憶、神経伝達物質のメカニズムは、PTSDの他、慢性うつ状態の回復と再発予防にも有効な方法を生んでいます。反応・症状の低減と健常な身体感覚を取り戻すこと。自己無力感から自己効力感の回復。関係の離断感からつながり感を取り戻すことの2つがPTSD、トラウマ・ストレスからの回復の鍵になります。
 
そして、わかってきたことは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)回復アプローチの「鍵」は、「身体」にあるということ。神経科学/身体心理療法(ソマティック)でPTSD、トラウマ・ストレス反応・症状は着実に回復していきます。