PTSD治療、解離治療、トラウマ治療の心理療法・カウンセリング・セラピー、うつ病、うつ状態、自己否定、不安、不登校、人間関係・家族相談
CS カウンセリング 東京 港区のカウンセリング PTSD治療・解離治療・トラウマ治療のカウンセリング・セラピー 統合心理療法 ロゴ

 うつ病・うつ状態

自己批判・自己否定の心理療法

 

うつ病・うつ状態には様々な背景・発生要因(原因)があります。
回復の鍵は見立てと療法の選択にあります。


■ うつ病・うつ状態の発生要因は様々です。そして、回復の要因(原因・条件)も療法も投薬治療だけではなく、様々な方法があります。
 
● 長年のうつ状態が身体治療で1ケ月ほどで治癒したケース。たとえば、甲状腺など、身体症状から精神症状(症候性)もあります。自己批判・自己否定についても、数回のカウンセリングで軽減・解消されていくケースが少なくありません。 

■ それぞれの要因によって、
回復方法(治し方)が異なります。適切な見立て(うつ病診断)と回復方針と療法の選択、また、ご家族・周囲の方々への心理ガイダンス、環境調整なども回復への重要な要素となる場合があります。

CSカウンセリング東京では、主に投薬治療では、その効果が芳しくない方、再発を繰り返されている方のための見立て(うつ病診断)と心理療法を行っています。