PTSD治療/解離性同一性障害治療の心理療法、ストレス・トラウマ・ケア・セラピー、うつ病・うつ状態、自信がない・自己批判・自己否定、嫌悪、不安・恐怖、不登校、人間関係・家族の相談

CS カウンセリング 東京 港区のカウンセリング PTSD治療・解離治療・トラウマ治療のカウンセリング・セラピー 統合心理療法 ロゴ

うつ状態 うつ症候群 うつ病 双極性の心理療法

目次 
A) 臨床上重要なうつ状態とその特徴
B) 資料


■ 心身の不調に伴って、通常、ゆううつ、不安、不眠が生じます。そして、脳の疲労に伴ううつ状態が起こることがあります。
 
■ これまで多くのうつ状態の方とお会いしてきました。精神症状としてのうつ病の方や身体疾患からのうつ状態、薬剤(ステロイドやインターフェロン、降圧薬など)による場合など、さまざまなケースがあります。

■ 慢性的なうつ状態(うつ症候群)の背景には、多様な環境や生活要因と素因(原因)があり、それぞれの方の回復には、多層の見立て(うつ病診断)と状態因・環境因による、それぞれに適した異なる方法・取り組み(治し方)が必要です


A) 臨床上重要なうつ状態とその特徴

a 軽躁状態を伴う躁うつ病(双極性Ⅱ型)
b PTSD、外傷性疾患によるうつ状態
c 境界性パーソナリティー障害のうつ気分
d 精神病水準のうつ病態
e アルコールとうつ状態
f  高齢者のうつ状態
g 脳器質疾患、内分泌疾患、薬剤によるもの
 

■ 例えば、うつ病という診断で、6~7年の投薬、時々大暴れされる場合は、パーソナリティー障害のうつ状態の可能性があります。こうした場合では、うつの状態だけではなく、多層的な回復アプローチを構成する必要があります。
 

■ 新型うつ(ディスメチア うつ状態)では、投薬の効果は弱く、身体表現性障害や境界性パーソナリティー障害に準じた心理療法が効果的な場合も多く、神経症性抑うつや心気症の方に慢性化した外傷性神経症、PTSD/C-PTSD(心的外傷後ストレス障害/複雑性)が見られることも少なくないことを経験しています。
 
 
 PTSD トラウマ・ ストレス・セラピー
 PTSD(心的)外傷後ストレス障害の理解と対応について(1)
 うつ状態 うつ症候群 うつ病 双極性(躁うつ)多軸視点(観点)の心理療法 ご相談事例
 
 
■ 多層の見立てと早期の対応対策が、回復期間の短縮と再発防止につながることが知られています。また、双極性障害の治療は、薬物療法と心理・社会的治療法の併用が大切です。心理・社会面では、心理教育(疾患の理解)、対人関係、リズム療法などがあります。起床、食事、就寝など、生活リズムと対人刺激の調整などが回復に効果があります。


B) 資料

 
●Bipolar disorder is not a character flaw: Psychiatrist(英語)
http://www.sbs.com.au/news/article/2014/03/28/bipolar-disorder-not-character-flaw-psychiatrist?

●気分障害の治療ガイドライン
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/index.html?
 
●双極性障害(躁うつ病)とつきあうために
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/pdf/bd_kaisetsu.pdf
 
●「日本うつ病学会治療ガイドライン Ⅰ.双極性障害」(PDF)
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120331.pdf
 
●睡眠覚醒リズム票
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/pdf/suimin_kakusei_rhythm.pdf
 
●ライフチャート
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/pdf/life_chart.pdf
 
●活動記録票
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/pdf/katsudou_kiroku.pdf
 

●「日本うつ病学会治療ガイドライン Ⅱ.大うつ病性障害」(PDF)
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/130924.pdf
 
●うつ病Q&A
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/qa/index.html