PTSD、解離(解離性同一性障害)治療、ストレス、トラウマ・セラピー、うつ病、うつ状態、自己否定、不安、不登校の心理療法、人間関係・家族の相談
CS カウンセリング 東京 港区のカウンセリング PTSD治療・解離治療・トラウマ治療のカウンセリング・セラピー 統合心理療法 ロゴ

カウンセリングの回数・回復期間の目安とその理由

■ 従来のカウンセリングで語られるストーリーは、100人100様ですが、神経科学/身体心理療法(ソマティック)を含む、統合カウンセリングの場合は、お話をお伺いするとともに、神経系という一定の構造を観ていくため、回数・期間の目安を立てることができます。
 
■ CS カウンセリング 東京では、見立てと方針・療法の選択について、回復期間の目安を含めてご提案・説明、ご相談・合意の上で進めています。また、従来のカウンセリング、神経科学/身体心理療法(ソマティック)で充分なサポートが難しい場合もパーツ心理学(自我状態療法や内的家族療法)を取り入れた統合心理療法を行っています。個人療法・家族療法・母子面接、ご家族のご相談など、詳しくは、お問い合わせください。

 



カウンセリング回数の目安は以下の通りです。

■  5 回以内

 
・ 単一エピソードのPTSD(外傷後のトラウマ反応とストレス反応の障害)
・ 恐怖症
・ 不安、心配・心労
・ 要因が明確で精神疾患水準ではない不安・抑うつ、短期精神病性障害
 
※ 自死の発見、肉親・親しい人との死別による場合は、1年余の期間。強い怒りを伴っている場合は、怒りのマネジメント・セラピー。アルコール依存がある場合は、そのセラピー、治療が優先されます。
 

■ 10 回以内
 
・ 適応障害
・ 自己批判・自己否定
・ 自信喪失
・ 不安障害・強迫性障害
・ 軽度のパニック障害
・ 軽度の解離性障害
 

■ 6ケ月未満
 
・ 不安障害
・ 自傷
・ 強迫性障害
・ 軽度〜中度のうつ状態
・ いじめ・ハラスメント・DVによる複雑性PTSD (C-PTSD)
・ 統合失調症様障害など、非慢性精神病
・ 解離性同一性障害を除く解離性障害
・ 1年未満の社会的ひきこもり
・ 双極性障害 Ⅱ 型
・ 一定程度の観察自我が機能する統合失調症
・ パニック障害

 

■ 6ケ月以上
 
・ 長期間の強迫性障害
・ 運動障害を伴う強迫性障害
・ 重度のうつ状態
・ 肉親の自死による悲嘆
・ 肉親や親しい人の死を伴うPTSD
・ 要因の複雑な不安障害
・ 長期間のいじめ・ハラスメント・DV・虐待による複雑性PTSD(C-PTSD)
・ 1年以上の社会的ひきこもり
・ 慢性の精神病
・ 双極性障害 Ⅰ 型
・ 解離性同一性障害 (交代人格が5人以上の場合)
・ パーソナリティー障害(境界性、自己愛性、その他)
・ 精神的依存